地盤の安全性は平板載荷試験などでチェック|地震に強い土地にしよう

安全な住宅を建てるために

工事現場

土地によっては、地盤が固いところと柔らかいところに分かれます。そのため、住宅を建てる前には、地盤調査を行ない土地の安全性を確認しておかなければならないのです。そして、柔らかい土地であれば、地盤改良を行なう必要があります。

工法の種類

工事

土を固める団結工法の地盤改良

固化材にもさまざまな種類があります。一般軟弱土用、高有機質土用、腐植土用、泥土用などです。それらは価格もさまざまですが、高価な材料だからといってよく固まるというわけでもありません。土の種類に適した固化材を使用することが大切になります。固化材の配合量も、土の種類によって変わってきます。砂質土、粘性土、ローム・凝灰質粘性土、腐植土といった順番で、配合量は多くなっていきます。土質を見きわめ、それに適した材料を、適量配合することが大切です。また、地盤改良を行なう前にはきちんとした地盤調査が必要となります。地盤調査では平板載荷試験やボーリング調査といった様々なものが行なわれてます。丈夫な土地であるかを調べるためにも、業者に依頼して平板載荷試験やボーリング調査を行なってもらうとよいでしょう。

表層改良工法と柱状改良工法

地盤改良でしばしば用いられる表層改良や柱状改良といった工法も、この団結工法に含めることができます。どちらも固化材によって、土を固める工法だからです。はじめに用いられるようになったのは表層改良です。表土に固化材を混ぜ、攪拌することで、基礎の下に地耐力の安定した層をつくる工法です。表土のみの工事で済むため、比較的安価ですが、地質が変わり、植物が植えにくくなるといったケースもあるため、住宅で使用する場合には検討が必要になります。表層改良よりも、もっと深い位置まで、地盤改良を行うためにあらわれたのが、柱状改良です。これは地表より3から5メートル程度まで、直径およそ600ミリメートルの穴を掘り、そこに固化材を混ぜて、土を柱状に固めるという工法です。先端部の施工状況を確認することが難しいので、確実な施工が求められます。

利用方法と価格について

温泉施設

現在では、温泉開発を行なうところが増えたことにより、温泉がある宿泊施設が人気となっています。また、施設によっても様々なサービスが提供されているのです。温泉開発を行なうにも多額の費用が必要となるため、きちんと確認しておきましょう。

入念に管理する

温泉

地中に眠る温泉を探すためには、温泉開発が必要不可欠です。温泉開発で正確な調査を行ない、その上で掘削作業にとりかかります。掘り出し後も定期的に点検するなど、一生をかけて維持していくことが大切です。